子供服にタイトなスキニーパンツを履かせるときに注意しなければいけないこと

エルメスの財布は、色合いも美しいものが多く、バッグと揃えている人も多いでしょう。 ですが、バッグのお手入れをしても財布のお手入れはしていなかったりする人も多いのではないでしょうか。

素材的には、トゴやヴォーエプソンといった、雄仔牛のレザーが多くそこまで柔らかくはありませんが持った時の質感は確かなものがあります。
こういった素材の場合、乾拭きしていくことが基本です。

水拭きは厳禁です!

水拭きは基本的に厳禁で、ポリッシングクロスなどを使って拭くのがいいでしょう。
乾燥させすぎもいけませんので、使わない場合にはバッグから出しておき、通気性のいい場所におきます。
エルメスに限らず、革製品のお手入れはこれだけでかなり違いが出てきます。
その理由は、乾拭きするだけでも、革の中から油分が出てきて表面を保護してくれるからです。
日ごろからやっておくと、防水効果も期待することができるため、大事なエルメスを守ることができるといえるでしょう。

絶対やってはいけないのが、ベンジンやシンナーで汚れを落とすことです。
確かに落ちますが、素材も傷めてしまいます。
メンテナンス用品を使う場合も、まずは目立たないところを試してからやっていくといいでしょう。

Copyright(c) 2014 誰にでもできる一生モノのエルメスのバーキンを美しく保つ秘訣 All Rights Reserved.