エルメスのデリケートなスカーフ注意点

エルメスといえば革製品もありますが、美しいスカーフも外すことはできません。 どんな場面にでも使うことができる気品は、エルメスならではでしょう。 だからこそ、常にお手入れを心がけてあげる必要があるのです。

一番いいのは、使ったらクリーニングに出すことです。
確実性が高い方法ですが、信頼できるところを選ぶことも忘れてはいけないでしょう。
しかし、ドライクリーニングになってしまうため、汗などは落ちにくかったりします。
肌に近い位置にあるスカーフですから、水洗いできないのかと考えてしまうでしょう。
ですが、最悪の場合には色落ちもしてしまうということを覚悟することができるのであれば、洗う方法もあります。

具体的な方法はコチラ!

まずは、白い布を敷いたうえにのせ、シルク用の中性洗剤を目立たない箇所にたらしてみます。
こすらず軽く叩いてみて、これで落ちるようであれば、洗ったとたんに色落ちします。
こすってしまうと毛羽立ってしまい、傷みが出ますので厳禁です。

30度以下のぬるま湯に適量の洗剤を入れ、ゆっくり浸し生地をこすらないように湯の中で振ります。
これだけでかなり落ちますので、絶対にこすってはいけません。
同じ温度のぬるま湯を用意し、2回すすいで柔軟剤を付けて数分おきます。
白いタオルの上におき、タオルをかぶせるようにして水分を抜いて、生乾きの段階でスカーフの裏からアイロンをかけます。

あとは陰干しをすれば出来上がりですが、素材が素材だけに心配な場合にはクリーニング店に相談しましょう。
Copyright(c) 誰にでもできる一生モノのエルメスのバーキンを美しく保つ秘訣 All Rights Reserved.